小田急電鉄、Mamoru PUSHの「ワンタイムQR認証」を導入。便利で快適なモビリティライフの実現へ!

 

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司、以下 小田急電鉄)はこれまでにMaaSアプリ「EMot(エモット)」を活用したモビリティライフの実現に向けて取り組みを行ってきた3つの実証実験を継続し、サービスの充実を進めることを決定しました。

小田急電鉄リリースの詳細はこちら

■概要と取り組み

東京・新宿から神奈川・小田原までを結ぶ小田原線のほか、江ノ島線や多摩線を合わせ全長120.5キロメートルの路線を持ち、1日約210万人の乗客を輸送する小田急電鉄。

その小田急電鉄がMaaSの取り組み1つとし、飲食サブスクリプションの実証実験を再開し、チケットの対象店舗「箱根そば」で引き換えられる対象メニューを拡大いたします。 今回、そのチケットの認証にMamoru PUSHの「ワンタイムQR認証」を導入。より安全でユーザビリティの高いサービス展開の実現を目指します。  

▪発売期間:2020年8月下旬~10月31日(土)

▪対象メニュー:

<箱根そば新百合ヶ丘・マルシェ新百合ヶ丘>

かき揚げ天そば(温・冷)、コロッケそば(温)、めかぶそば(温)

<箱根そば本陣(新宿駅)>

小海老入りかき揚げ天そば(温・冷)、きつねそば(温)、たぬきそば(温)

※「おだむすび」「HOKUO」の対象メニューは、6月末までの販売内容と同様です

※「郊外型MaaS」(バス無料チケット発行)の実証実験内容に変更はありません

 

また、小田急グループの商業施設「新百合ヶ丘エルミロード」で2,500円以上買い物した顧客にバス無料チケットを付与するというサービスにもMamoru PUSHの「ワンタイムQR認証」を採用いただいております。

「会いたいときに、会いたい人に、会いに行ける」先進的なモビリティライフの実現を目指す小田急グループと、ユーザビリティとセキュリティを両立し、簡単だけど強い認証を実現したMamoru PUSHとの融合で、今後ますます拡充していくMaaSへの取り組みに、両社とも一層邁進してまいります。  

▪Mamoru PUSHの『ワンタイムQR認証』機能とは

Mamoru PUSHは、ユーザビリティとセキュリティを両立し、簡単だけど強い認証を実現したサービスです。 その機能の1つであるワンタイムQR認証機能は、一定時間に1度しか使えないトークンを利用して安全なQR認証を実現し、さらに、表示されたQRコードをスマートフォンなどで読み取るだけで本人認証が成立するユーザビリティを追求した認証技術 (日本:特許第 6405071 号) (米国:特許 第10,594,485号)です。

「Mamoru PUSH」についてはこちらから      

会社概要

 

会社名:小田急電鉄株式会社

代表: 取締役社長 星野 晃司

設立年月日:1948年6月1日

コーポレートサイト:https://www.odakyu.jp/

住所:東京都新宿区西新宿1丁目8番3号

 

 

会社名:株式会社Colorkrew

代表:代表取締役 中村 圭志

設立年月日:2020年3月24日(創業1999年10⽉1⽇)

コーポレートサイト:https://www.colorkrew.com/

住所:東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー7階

 
2020年、6月1日より株式会社Colorkrewへ社名変更しました。 変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

▼Change ISAO to Colorkrew Movie

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース一覧ページ