言語切り替えスイッチ

ログインの常識を変える。ワンタイムQR認証サービスのMamoru PUSHが新たにBtoCサービス向けプランを開始

株式会社Colorkrew(カラクル)が企画・開発・運営する、ワンタイムQR&プッシュ通知認証サービスの「Mamoru PUSH」が、新たにBtoCサービス向けのプランを公開いたしました。

サービス提供範囲をBtoBだけでなく、BtoCにも広げ、世界のログインの常識を変えていきます。

ログインの常識を変える。ワンタイムQR認証サービスのMamoru PUSHが新たにBtoCサービス向けプランを開始

 

【急速に高まるBtoCサービス向けの認証ニーズ】

サービスやアプリの不正アクセスやアカウント乗っ取りがニュースになることが多い近年、ユーザーは、BtoC向けサービスのセキュリティに不安を抱いています。

サービス提供側は、強固なセキュリティにする必要性を認識していますが、セキュリティだけに比重を置いてしまうとユーザーの利便性が悪くなるため、この二つをどう両立させていくかが課題となっています。

ワンタイムQR&プッシュ通知認証サービスのMamoru PUSHは、今までBtoBの領域で、ユーザビリティとセキュリティを両立させ、簡単だけど強い認証を実現してきました。
一部BtoCサービスでも活用いただき反響が高かったため、この度BtoB領域だけでなくBtoCへ対象を広げ、ログインの常識を改革していきます。

 

【Mamoru PUSHでできること(ユースケース)】

◆小田急電鉄株式会社:駅そば・パンが食べ放題 の「EMotパスポート」

小田急線沿線のそば・おむすび・ベーカリー・花屋などで買い物ができる、お得すぎると話題になった30日間の定額制チケット。一定時間に一度しか使えないトークンを利用した「ワンタイムQR認証」利用しているため、サブスクリプションサービスでも、QRコードを利用した商品購入が可能となります。

◆株式会社ダーツライブ:会員カードを持たなくても、QRコードでログイン可能に!

ダーツをプレイする際に、QRコードをアプリで読み込むとログインできます。このコロナ禍で急増した非接触認証のニーズにも対応。キャッシュレス決済も可能です。
 


【進化系コード!? Mamoru CODEが近日利用スタート】

ユーザビリティとセキュリティを両立させているMamoru PUSHの認証ですが、スマートフォンやタブレットの端末がないとログインできません。

そこで、さらなるユーザビリティ向上のため、スマートフォンなしでも簡単にログイン可能な「Mamoru CODE」を神戸大学の森井昌克教授と共同開発いたしました。

端末がなくても、Mamoru CODEをシステムで読み込むと、認証される仕組みです。

◆Mamoru CODE typeA

進化系コード!? Mamoru CODE

※セイコーソリューションズ株式会社が特許出願中の技術を使用

 

【神戸大学 森井昌克教授よりMamoru CODEについてのコメント】

顔画像とQRコードを一体化した画期的な認証システムです。QRコードの手軽さと顔認証の親しみやすさ、それに安全性を兼ね備えたシステムとなっています。

QRコードはコピーして張り替えられますが、自分の顔は整形でもしない限り張り替えれません。双方で補った革新的な認証可能QRコードをぜひご利用ください。

 

【事前登録でAPI登録が可能!】

現在事前登録期間中として、トライアルプランにお申込みいただくと、Mamoru PUSHの認証(ワンタイムQR認証・ワンタイムプッシュ認証)と、Mamoru CODEのAPIが利用できる事前登録が可能です。

さまざまなシーンでご活用いただけますので、ぜひ一度お試ししてみませんか。

お申し込みはこちらから⇒https://mamoru-secure.com/push2/trial/contact1.php

 

■Mamoru PUSH 概要

ユーザビリティとセキュリティを両立し、簡単だけど強い認証を実現したサービスです。トークンを利用した場合や、本人の事前許可がないと認証ができない技術など、幅広いプッシュ通知認証の独自特許を保有しています。

※国内特許取得済み (特許 第6104439号/特許 第6321834号/特許 第6405071号) ※米国特許取得済み(特許 第10,594,485号/特許 第10,659,461号)

Mamoru PUSHの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース一覧ページ