言語切り替えスイッチ

「オフィスのミカタ通信」にコラムが掲載されました

ビジネスコンシェルジュツールMamoru Bizのプロダクトオーナーである前澤俊樹が執筆したコラムが、総務・人事・経理・労務担当者10万人が読んでいるバックオフィス応援マガジン「オフィスのミカタ通信」にて掲載されました。

「オフィスのミカタ通信」

コラムのテーマは、「DX×ワークスタイル」です。

「ワークスタイルDX。 テレワークとオフィス出社の併用、フリーアドレスで起きている誰がどこで働いているか分からない現象。人を探す名もなき仕事を減らすためには?」

ワークスタイルDX。テレワークとオフィス出社の併用、フリーアドレスで起きている誰がどこで働いているか分からない現象。人を探す名もなき仕事を減らすためには?

緊急事態宣言も解除され、オフィス出社とテレワークをミックスしたハイブリッド勤務や、フリーアドレス推進で最注目される、誰がどこで働く予定なのか把握できない問題。

誰がどこにいるのかわからないことで生じる名もなき仕事を、どのように減らしていけるか。どのようにニューノーマルなワークスタイルに進化させるか解説しています。

■Mamoru Biz 概要

QRコードでヒト・モノ・カネに関する「名もなき仕事」を解決します。パスワードレスのQRログイン対応。

Mamoru PUSHで培ったワンタイムQR認証技術(特許第6104439号)で、パスワードに関する名もなき仕事も削減します。

▼ヒトに関する名もなき仕事~予定の調整やどこにいるか分からない状況からの解放~
・座席表
・スケジューラー

▼モノに関する名もなき仕事~アナログな資産/備品管理や郵便物作業をDXでスマートに工数削減~
・備品管理

▼カネに関する名もなき仕事~社内のあらゆる支払いを給与天引きに~
・社内決済
・郵便

※2021年1月より東京都庁で導入。
350社以上の企業に導入いただいております(2021年10月20日現在)

Mamoru Bizの詳細はこちら 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース一覧ページ