言語切り替えスイッチ

【郵便DXで世界を変える】ビジネスコンシェルジュツール「Mamoru Biz」、総務が出社する原因No.1の郵便物対応を減らす機能をリリース

ビジネスコンシェルジュツールの「Mamoru Biz」は、⽇本郵便株式会社のWebレターと連携し、データをアップロード&差出⼈・宛先を⼊⼒するだけで、印刷から発送までを代⾏する「郵便機能」を新たにリリースいたしました。

Mamoru Biz


■郵便が総務のテレワーク化を阻む⼀番の原因だった

オフィス出社×テレワークのハイブリッドワークが主流となりつつありますが、その⼀⽅でテレワーク化が全く進んでいない職種も多く存在しています。

社内で⼀番テレワーク化が難しいのは総務ともいわれ、完全にテレワークしている総務はわずか3.4%という結果もでています。*1

なぜ、総務のテレワーク化が進まないのか。⼀番の原因は「郵便物の対応」です。
受け取りにしても郵送にしても、現場に⾏かなければ作業できない 郵便物対応がテレワークを阻む最⼤の敵となっています。

特に郵便に関しては総務だけではなく、事務担当など広い範囲に影響しています。

オフィスの名もなき仕事を減らすMamoru Bizは、この1年、コロナ禍のリアルな総務の困り事を数多く聞いてきました。
そこで本当に困っている⼈が多い郵便物に関して、郵便DX(デジタルトランスフォーメーション)を進め、出社しなければならない名もなき仕事を減らし、総務でもテレワークしやすい環境をつくってまいります。

今回郵便DXの第⼀弾として、郵便対応からスタートいたします。

⽇本郵便のWebレターと連携し、データをアップロード&差出⼈・宛先を⼊⼒するだけで、印刷・封筒詰め・発送までを代⾏する郵便機能を新たにリリース。
プリンタや切⼿を準備する手間も省け、⾃宅からでも気軽に簡単に郵送ができるようになります。

*1  月間総務が⾏った、緊急事態宣⾔でテレワークを導⼊している企業に向けたアンケート結果より
 

■Mamoru Biz 郵便機能の使い⽅

①Mamoru Bizのユーザーポータルにログインし、新しい郵便物を作成

郵便DX

②郵送したいデータをアップロードし、差出⼈や送付先を選択

郵便DX

 

③データが⽇本郵便のWebレターへ転送されるので、発送⼿続きを完了させます
 

■実現したいのは電子メールのように 郵便を送れる世界

オフィスでは、請求書や契約書など、紙からデータ化しペーパーレス化できるものもあれば、現実的に紙で対応しないといけない場⾯も存在します。
全てのペーパーレス化が難しいのであれば、Mamoru Bizは郵送対応だけでも余分な手間を減らし、電子メールのように気軽に郵便を送れる世界の実現を⽬指します。
さらに今後は郵送対応だけでなく、受け取り側の郵便DX化*2を進めていく予定です。

*2 受け取り側の郵便DX化:到達チェック機能

仕分けする⽅が、表紙のQRをスキャンすると、差出⼈と宛先の⼈宛にお知らせが届きます。(現在準備中)

郵便DX


■Mamoru Biz 概要

QRコードでヒト・モノ・カネに関する「名もなき仕事」を解決します。パスワードレスのQRログイン対応。

Mamoru PUSHで培ったワンタイムQR認証技術(特許第6104439号)で、パスワードに関する名もなき仕事も削減します。

▼ヒトに関する名もなき仕事~予定の調整やどこにいるか分からない状況からの解放~
・座席表
・スケジューラー

▼モノに関する名もなき仕事~アナログな資産/備品管理をスマートに工数削減~
・備品管理

▼カネに関する名もなき仕事~社内のあらゆる支払いを給与天引きに~
・社内決済

※2021年1月より東京都庁で導入。
350社以上の企業に導入いただいております(2021年6月現在)

Mamoru Bizの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース一覧ページ